内容の差異

JRC2019や昨年のセミナーとの内容の違いの問い合わせがありました.U-Netの利用についてはほぼ同じになりますが,他の課題は転移学習などを利用した方法も取り組む予定です.また,事前のセットアップもほぼ同じで,Jupyter Notebookを利用します.

ただし,TensorFlow2系の発表が近いため,セットアップマニュアルの不具合も予想しています.セミナーは,TensorFlow1.XとKeras2.Xで行います.Pythonは3.6でも3.7でもよいと思います.